夕顔

Author : 白洲 正子

Language:

Download:

Category :

Subject :


Comments

  • administrators

    内容(「BOOK」データベースより) 明治、大正、昭和、平成―四代を経てますます優雅に最先端を生きる人生の達人が、庭の草木を慈しみ、吉田健一や小林秀雄を偲び、愛する骨董を語り、生と死に思いをめぐらせる。対象の核心を射ぬく小気味よい文章は、自ずと、まやかしの横行する現代の風潮への批判ともなっている。植物の感情をテーマにした表題作等、ホンモノを知る厳しいまなざしにとらえられた日常の感懐57篇。 内容(「MARC」データベースより) 日々観ること、聞くこと、忘れがちな自然の素晴らしさ、今は昔の文土気質や古仏の味わい深さなどについて、時には穏やかに、時には厳しく真実をとらえて語る珠玉のエッセイ集。* --このテキストは、 単行本 版に関連付けられています。


Log in to reply
 

Looks like your connection to 书行 was lost, please wait while we try to reconnect.